令和元年ケアマネージャー試験第5問目解説

試験
介護支援専門員実務研修実務研修受講試験過去問解説 令和元年第5問目

介護支援専門員実務研修受講試験(第22回)問題5

問題5
指定居宅サービス事業者の指定について正しいものはどれか。3つ選べ。


1、共生型居宅サービス事業者の指定は、市町村長が行う。
2、居宅サービスの種類ごとに行う。
3、6年ごとに更新を受けなければ、効力を失う。
4、申請者が都道府県の条例で定めるものでないときは、指定をしてはならない。
5、都道府県介護保険事業支援計画の見込量に達している時は、指定をしてはならない。

またワケわかんないの出てきた・・・

「居宅サービス事業者」って誰?

「指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準」で定められているサービスよ。デイサービスやショートステイね。

じゃあ、「指定」って何?

デイやショートステイを立ち上げても、指定を受けなければ介護保険からお金が出ないわ。都道府県知事や市町村長が「介護保険がつかえる事業者」として指定するのよ。

①指定居宅サービス事業者の指定について正しいものはどれか。3つ選べ。共生型居宅サービス事業者の指定は、市町村長が行う。→×

共生型サービスは問題1枝番2で出てきたわね。
令和元年ケアマネージャー試験1問目解説

ああ・・・そういえばそうだった・・・かな・・・・?

居宅サービス事業者の指定は都道府県知事が行いますので、共生サービスも同じです。

市町村窓口に提出する特例
定員18人以下の指定生活介護(障害者デイサービス)が介護サービスも提供したい場合は、申請窓口は市町村になりますが、あくまで特例ですから、共生型居宅サービス事業者の指定は、都道府県知事が行います。

生活介護は訪問介護に似てるけど、
生活介護(障害者)→デイサービス
訪問介護(介護保険)→ヘルパーです。

タイトルとURLをコピーしました