令和元年ケアマネージャー試験第3問目解説

試験
令和元年ケアマネージャー試験過去問第3問目解説

介護支援専門員実務研修受講試験(第22回)問題3

問題3
65歳以上の者であって、介護保険の被保険者とならないものはどれか。2つ選べ。


1、老人福祉法に規定する軽費老人ホームの入所者
2、生活保護法に規定する救護施設の入所者
3、生活保護法に規定する更生施設の入所者
4、障害者総合支援法の自立訓練及び施設入所支援の支給決定を受けて、指定障害者支援施設に入所している知的障害者
5、障害者総合支援法の生活介護及び施設入所支援の支給決定を受けて、指定障害者支援施設に入所している精神障害者

知らない施設の名前が多すぎるわ・・・
救護って、命を救ったりするのかしら??

軽費老人ホーム
60歳又は65歳以上の方が所得に応じた料金で利用できる施設。入居金が必要なところがあり、その場合は全然軽費じゃない。
救護施設
18歳以上の障がい者が日常生活支援やリハビリを受けられる施設。
更生施設
犯罪を犯した人が社会復帰する為の施設。
障がい者支援施設
障害支援区分が区分4(50歳以上の者にあっては区分3)の方などが、夜間や休日、食事、入浴、排せつの介護を受けられる施設。
老人福祉法
高齢者福祉の中で一番最初にできた。
生活保護法
生活が苦しい方にお金等をあげる。
障害者総合支援法
障がいのある方が介護や職業訓練を受けられる。
高齢者福祉 福祉一般 障がい者福祉

施設によって、どの法律で決まっているか違うのね。

この問題のポイント
介護保険の適用除外施設の条件を理解しているか。

問題で聞かれている「介護保険の被保険者」とは誰か見てみましょう。

介護保険の被保険者とは、介護保険料を支払っており、介護保険サービスを使える人です。

厚生労働省より

じゃあ、介護保険料を払わなくていいし、代わりに介護サービスを使えないのは誰なのかしら?

介護保険には「適用除外」があり、2号被保険者でも該当すれば介護保険料も払わないし、介護保険サービスも使えません。

介護保険の適用除外になる方
①身体障害者療護施設等、適用除外施設に入所する方
②海外勤務者で居住していた市区町村に転出届を提出した方
③在留見込期間3ヵ月以下の短期滞在の外国人

今回はどの施設が①に該当するか見ていくことで、答えが出てきます。
では、枝番をひとつづつ見ていきましょう。

①65歳以上の者であって、介護保険の被保険者とならないものはどれか。老人福祉法に規定する軽費老人ホームの入所者→×

ケアマネージャーが一番馴染みのある施設がここね。

ケアハウスってやつね!

軽費老人ホームは、食事や洗濯の支援を受ければ自立した生活が維持できる、低所得者向けの入所施設です。最初はA型、次にB型が出来て、平成元年にケアハウスと言われるC型が出来ました。

軽費老人ホームは、介護保険の適用除外施設ではありませんので、65歳以上の軽費老人ホームに入所している方は介護保険の被保険者となります。

C型(ケアハウス)の介護型は有料老人ホームと同じ特定施設入所者生活介護として認定されている施設もあります。

タイトルとURLをコピーしました