ショートステイの食事代、部屋代の割引を受ける方法

仕事

ショートステイの食事代・部屋代の割引を受ける方法

新しくケアマネージャーになった方へ、ショートステイの食事代・部屋代を安くする方法を紹介しています。

弁当持参でショートステイを利用できるか

WAM NETのQ&Aで弁当に関する質問あります。

WAM NETってなに?

WAM NETとは
福祉・保健・医療に関する制度・施策やその取り組み状況などに関する情報をわかりやすく提供することにより、福祉と医療を支援する総合情報提供サイト。独立行政法人福祉医療機構が運営。

介護保険最新情報もこのサイトで見られ、介護保険の改正点など確認することができます。

弁当を持ってくる利用者は、デイサービスやショートステイの利用を断ることはできるのか。

ショートステイって食事出してくれるでしょ?なんでお弁当持ってくるの?

食事代、部屋代は介護保険が使えません。毎日になると料金が高くなり、利用を躊躇される方もいます。
アレルギーで持参される方もいますけどね。

ショートステイの食費、居住費(部屋代)は施設によって違います。

ショートステイの食事代の一例(下記の料金は4段階)

老人ホームのショート 病院のショート 老健のショート
A施設 B施設 C施設
食事代 1500円/日 1380円/日 1392円/日
居住費 ユニット型個室
2006円/日
多床室
370円/日
従来型個室
1668円/日

ショートステイにお弁当を持参することは、ショートステイ側が利用を断る理由にはなりません。でも、できれば
温かいご飯を食べてもらいたいですよね。

なんとかショートステイの部屋代、食事代を安くできないの?

ショートステイの部屋代・食事代の割引を受けるには

市町村に申請し、介護保険負担限度額認定証を発行してもらいます。

負担限度額認定証とは
一定の条件を満たすと、下記の食費・居住費が軽減される制度です
○介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
○介護老人保健施設(老健)
○介護療養型医療施設(療養型)
○介護医療院(新しいタイプの療養型)
○地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護(29人以下の特養)
○短期入所生活介護(特養のショート)
○短期入所療養介護(老健、療養型等のショート)
「居住費又は滞在費の負担限度額」の部分には金額がいくつも書いてありますが、これは実際に利用したショートがユニット型個室ならいくら、多床室(大部屋)ならいくらか、記載されています。どの金額が該当するかは、利用するショートステイに問い合わせて確認します。大体どの施設も負担限度額認定証を利用した料金表をつくってもっています。

ケアマネージャーが申請する時の注意点

負担限度額認定証が発行される、一定の条件って何?

貯蓄や収入によって変わります。

厚生労働省リーフレットより

申請時にはご本人様名義のすべての通帳のコピーが必要です。通帳のどの部分のコピーが必要かは、市町村にしっかりと確認しましょう。

申請書は介護保険を出してくれている市町村の窓口でもらうか、ホームページに掲載している市町村等もあります。ケアマネージャーが代行で申請する場合は、記載ミス、書類不足に注意しましょう。

ケア美がやってしまったミス
○マイナンバーを記載して提出
マイナンバーが記載してあると委任状やマイナンバーのコピーが必要。
ケアマネが代行申請する場合は空欄で提出し、市役所職員がオンラインでの確認が多い
○申請書の印鑑を押す部分が2か所あって1か所押していない
○通帳の表紙裏(定期貯金の部分)のコピーを忘れた
○通帳が記帳されておらず、年金振込額が確認できなかった
○直近2か月分の記帳コピーをもっていかなかった
1か月分だけ持って行ってしまった

ケアマネージャーが代行申請したら、その人の貯金額がわかっちゃうのね。すごい個人情報ね。

預貯金の額は、人によっては言いにくいもの。
ご家族様に市町村窓口へ直接申請して頂いても大丈夫です。

添付書類は、対象の市町村の条件をよくご確認くださいね!

タイトルとURLをコピーしました